CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
RECOMMEND
ほぼとり。
ほぼとり。 (JUGEMレビュー »)
ものゆう
ゆるかわ系の表紙に、ひよこの4コマがギッシリ詰まった一冊です。
時にシュールな場面もありますが、すっと読めてしまう面白さがあるので、ほっこりしたい時におすすめです。
「きょうの猫村さん」が好きな方は好みが近そうです。
個人的に大変ツボをついてくる本ですが、特に「もち」、「ながしそうめん」、「カフェイン」から「わるいとり」のくだりが好きです。
RECOMMEND
ツノゼミ ありえない虫
ツノゼミ ありえない虫 (JUGEMレビュー »)
丸山宗利
体長僅か2センチ程度なのに、奇抜な生き物。それがツノゼミだ。
なんでこんなに奇妙な形をしているのか、進化論でも説明出来ない、アーティステッィクな虫達。
おまけに、奇妙な形すぎて、風が強い日はうまく飛べない、という大変平和な虫でもある。
生まれ変わったらこんな虫になりたい。
RECOMMEND
待ちつづける動物たち 福島第一原発20キロ圏内のそれから
待ちつづける動物たち 福島第一原発20キロ圏内のそれから (JUGEMレビュー »)
太田康介
福島第一原発20キロ圏内の、取り残された動物達の今を撮り続けた写真集。
最初の感想は、ただただ切ない。
それでも、人間のいなくなった異質な町で生き続ける動物達の、必死さと、
それを守り、助けようとする、無名のボランティアさん達の奮闘、葛藤が、ここに包み隠さず表現されている。
見終えた後、ほんの僅かだけれど、希望を感じさせてくれる本でもある。
震災も原発も良く分からないけれど、動物が好きという方に、知って頂きたい一冊。
RECOMMEND
絶滅危惧種を見に行く―滅びゆく日本の動植物たち
絶滅危惧種を見に行く―滅びゆく日本の動植物たち (JUGEMレビュー »)
藤田 一咲
藤田一咲さんの本が好きなのです。
写真も、文も。
訥々とした語り口ながら、学術的な情報も載せつつ、その端々に気持ちのこもった書き方をする方です。
まるで浮遊するような文体で。
重くなりがちな絶滅しそうな動物達のポートレートを、絶妙なバランスで書いてくれてます。
まだ、間に合うと思いたい。
RECOMMEND
風と光と水のことば―季節の横顔を愉しむ
風と光と水のことば―季節の横顔を愉しむ (JUGEMレビュー »)
細川 剛,倉嶋 厚
気象を中心に、言葉と艶やかな写真で構成された一冊。
色彩の鮮やかさもさることながら、英語と日本語の両表記がありがたいです。
軽くさらうのに最善と言える入門書。
RECOMMEND
砂漠 THE DESERT
砂漠 THE DESERT (JUGEMレビュー »)
藤田 一咲
今は絶版になってしまった写真集、「サバク」のリメイク版、といったところ。
半分位が撮りおろし写真で、以前より大判になっています。
砂漠好きには「買い」!な一冊。
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
デンジャラスカラフリィ
イラストサイト デンジャラスカラフリィへ
saharaのイラストサイト。
宝石の様な色彩が見所の絵を満載です。 オリジナル絵本や展示の情報も載せています。
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
saharaの日常のかきつづりです。
ときどき絵も描いてくかも。
1日匠の、ビフォーアフター。
各地での大雨、洪水にて、被害に遭われた方にお見舞い申し上げます。

最近の盛岡は、午前中は晴れていても午後から雨だったり、降らなくても降りそうな雲続きでじめじめしていたり。
そんな中、今日はおひさまが顔を出す、久々の快晴!
こんな日は…!!

洗濯?
いや。
ペンキを塗るのだ!

オープン間近ながら、ぐずついた天気で着手し切れずにいた、表のテント。
張り替えようと思って、見積もりを出して貰って、その金額にひるんだ、表のテント。
雪が降ったら見えなくなるから、春まで張り替えを我慢しなさいと言われたテント。
でも見栄え的に気になる、し、気にされてしまっている、表のテント。
せめてペンキだけでも塗って、見た目だけでも店っぽくするのだ♪

幸い、椅子を塗った残りのペンキがあるので、それを使おう。
しかしながら、店用の華奢な踏み台では、高さに限度がある。
何とか塗れる所まで塗ろうと、がんばって伸びていると、何と!
大家さまから、脚立とビニールシートを貸して頂ける事に!
この間もお手伝い頂いてるのに!!
毎回毎回、ありがとうございます!!

そんなこんなで塗り続ける事、はや夕方。
ビフォー。
この、ちょっと古びた感のある、おしゃれテントが…?

アフター。
ジャジャン♪
何という事でしょう。
黄色も鮮やかな、華やかなテントに衣替え。
しかも、etmoのロゴも入って、お店らしくなっています。

それにしてもこの店のロゴには、黄色と白の配色がよく似合う。
見違えました、よね。
ぶっつけ本番、下描き無しのレイアウトにしては、まあまあバランス良く出来たんじゃないかな。
上まで…手が届かなかったけども。
僕に後5センチでも、身長があればなあ。

まあ、お店っぽさが倍増したし、これでしばらく、様子を見てみようと。
| お店。 | 23:51 | - | - | pookmark | 昨年の記事
キュートな常連。
引き続き、店の事。
窓が広く魅力的な場所だったので、早いうちから、看板を店内の窓際、見える所に鎮座していた。
店に行き、店内で作業している時も、なるべくドアは全開に開けて、その上でイーゼルで開店前の情報を掲示していた。
人通りの多い道。観光の方も、それとなく通って行く。
もちろん、興味深げにガラス越しに店内を覗いて下さる方も多くあった。
準備中に、開店準備中にも関わらず、店内に入ってくる方もいたり。

この方も、そう。
ふと、視線を感じて顔を上げると、…!
覗かれとる…!!
かわいい〜〜〜!!

でもうちは、にゃんこさんは入れないのだよ。(お店の契約書に記載事項・動物入店禁止)
にゃんこ!
(……そう…。)

聞けば、ご近所さんのお家のコだという。
この後も度々、ご来店頂いているのだが、
2匹も居る〜!!
いつも入店はお断りしていたり。
…おやつだけでも、買って来て置こうかな?
| お店。 | 21:41 | - | - | pookmark |
八色の椅子。
頼んでいた什器が届いた。
お店でお願いした時、お届けまで1週間位はタイムラグがあると聞いていたので、早め早めの注文にしたのだが、思いの外早く届けて頂ける事になったのだ。
2日がかりで大方の組み立てを終え、早速店の中に並べてみる。
がらんとした店内が店っぽくなった気がして、それだけでもう嬉しい。
木目ベース什器の選択も、エトモにはとても合っているようだ。

だが…。
並べきった所で、僕はこう思ってしまったのだ。
「シンプル過ぎやしないか?」、と。
確かに汎用性のある、使い勝手の良さで言うならば、この什器のセレクトは間違いの無い物であろう。
ただ…、僕が望むのは、絵達と、絵描き達の集う場だ。
余りにも、素っ気なさ過ぎやしないだろうか。
この、「放課後の美術室」は。

僕が望むのは、入室した時からワクワクできるあの空間だ。
思い当たる理想は在った。僕がかつて通っていた、美術科のある高校の美術棟。そしてあの学校の、特注で作られたというカラフルに塗られた、普通教室の机達。
幸い、シンプルだが、組み立て式の無垢の木で出来た椅子の部材が、手つかずの侭残っていた。

そうだ、この椅子を塗ろう。
何色に?
その問いには、直ぐに答えが出た。虹色だ。
僕の絵達はカラフルで、光や虹は、僕の永遠のテーマでもある。
他の作家さんのカラーもあるし、この空間は色で溢れて良い筈だ。
赤から順に塗って行って、並べたら虹色!に、なる様にしよう。
木材の加工は苦手だが、塗るのは得意だという点も、この考えを後押しした。

嘗てから、想像の上でしか無かった、砂の様な幻想が此処に来て、1つずつ形になって行く。
8色の椅子。
何となくだけど、この椅子達はこれから、エトモのアイコンというか、トレードマークになってくれそうな気がする。
さあ、まだ踏ん張らないとね。
| お店。 | 08:22 | - | - | pookmark |