CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
RECOMMEND
ほぼとり。
ほぼとり。 (JUGEMレビュー »)
ものゆう
ゆるかわ系の表紙に、ひよこの4コマがギッシリ詰まった一冊です。
時にシュールな場面もありますが、すっと読めてしまう面白さがあるので、ほっこりしたい時におすすめです。
「きょうの猫村さん」が好きな方は好みが近そうです。
個人的に大変ツボをついてくる本ですが、特に「もち」、「ながしそうめん」、「カフェイン」から「わるいとり」のくだりが好きです。
RECOMMEND
ツノゼミ ありえない虫
ツノゼミ ありえない虫 (JUGEMレビュー »)
丸山宗利
体長僅か2センチ程度なのに、奇抜な生き物。それがツノゼミだ。
なんでこんなに奇妙な形をしているのか、進化論でも説明出来ない、アーティステッィクな虫達。
おまけに、奇妙な形すぎて、風が強い日はうまく飛べない、という大変平和な虫でもある。
生まれ変わったらこんな虫になりたい。
RECOMMEND
待ちつづける動物たち 福島第一原発20キロ圏内のそれから
待ちつづける動物たち 福島第一原発20キロ圏内のそれから (JUGEMレビュー »)
太田康介
福島第一原発20キロ圏内の、取り残された動物達の今を撮り続けた写真集。
最初の感想は、ただただ切ない。
それでも、人間のいなくなった異質な町で生き続ける動物達の、必死さと、
それを守り、助けようとする、無名のボランティアさん達の奮闘、葛藤が、ここに包み隠さず表現されている。
見終えた後、ほんの僅かだけれど、希望を感じさせてくれる本でもある。
震災も原発も良く分からないけれど、動物が好きという方に、知って頂きたい一冊。
RECOMMEND
絶滅危惧種を見に行く―滅びゆく日本の動植物たち
絶滅危惧種を見に行く―滅びゆく日本の動植物たち (JUGEMレビュー »)
藤田 一咲
藤田一咲さんの本が好きなのです。
写真も、文も。
訥々とした語り口ながら、学術的な情報も載せつつ、その端々に気持ちのこもった書き方をする方です。
まるで浮遊するような文体で。
重くなりがちな絶滅しそうな動物達のポートレートを、絶妙なバランスで書いてくれてます。
まだ、間に合うと思いたい。
RECOMMEND
風と光と水のことば―季節の横顔を愉しむ
風と光と水のことば―季節の横顔を愉しむ (JUGEMレビュー »)
細川 剛,倉嶋 厚
気象を中心に、言葉と艶やかな写真で構成された一冊。
色彩の鮮やかさもさることながら、英語と日本語の両表記がありがたいです。
軽くさらうのに最善と言える入門書。
RECOMMEND
砂漠 THE DESERT
砂漠 THE DESERT (JUGEMレビュー »)
藤田 一咲
今は絶版になってしまった写真集、「サバク」のリメイク版、といったところ。
半分位が撮りおろし写真で、以前より大判になっています。
砂漠好きには「買い」!な一冊。
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
デンジャラスカラフリィ
イラストサイト デンジャラスカラフリィへ
saharaのイラストサイト。
宝石の様な色彩が見所の絵を満載です。 オリジナル絵本や展示の情報も載せています。
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
saharaの日常のかきつづりです。
ときどき絵も描いてくかも。
伸ばすのは同じ。

目下製作中で見せられるものが無いので余談でも。

 

全く興味の無い人にはどうでも良い話だけど、

愛用のイケアのズボン用ハンガーは、

こうして、大きめのくるくるされた紙を裁断して、吊るして置くのに大変重宝している。

真っ直ぐに伸びてくれるし、ストックも楽。

ハンガーの所にサイズや紙の品番なども記して置けるので、紙好きの皆さんにおすすめ。

 

| その他の制作。 | 21:52 | - | - | pookmark |
ゲームリリースのお知らせ。

すでにお知らせ済みの方もいらっしゃいます、が!

 

昨年より長丁場で取っ組み合っておりましたアプリゲーム、

石乃浦骨董店さん開発の「ヒュプノノーツ2」が、リリースされました!

 

僕はキャラクターデザイン含むおおよその絵を担当させて頂いてます。

 

画風は前作の絵師さんに似せて欲しいというのが前提だったので、(そこまで似せられなかったけど)

普段のオリジナルとは一癖も二癖も違っとりますが、描いとるのは同じ僕なので、ちょっと違った世界観を見て頂ければ嬉しいです。

本当に、普段描かないものも描いてるものも、ここ以外ではもう一生描かないであろうと思われる様なものまで、色々描きました。

特に仕事以外で人を描く事はほぼ無いので、まあ面白おかしく見て頂ければ良いかな、と思っとります。

 

一応、絵を担当するにあたり、初期の詳しめのストーリーとか設定などは読んどるのですが、

エロいのとかグロいのとかは(自分が担当している絵に関しては)強烈に反対したので、そういう表現は無い。です。

まあ、ただ、言葉的にダークな表現を含む部分もあるので、大人向けのRPGと思って頂ければ良いのかな、と。

 

まあ、メインはゲームそのものだと思うので、絵は完全におかず扱いですが、おかずはおかずなりに気張って貰ってますので、どうぞ絵達をよろしくお願いします。

良かったらダウンロードなり、プレイなり、して頂けると嬉しいです。

宣伝も頂けるとなお嬉しいです。

 

個人的には、ひとまず3万ダウンロードを越えたいかな、と思ってます。

というのは、この数字が、やりたいと思ってる絵本の世界で、ヒットを飛ばしたと言える実質的な数字だから。

まず此処を越えて行きたいです。

そして、絵本に繋げたい。

 

後、人気如何によっては、追加でオプションのイラストとかグッズとかも描くかも知れないですが、

ひとまず、ご依頼分のイラストは本日全てOKが出ましたので、これにてご報告とさせて頂きます。

いやー、描いた描いた。

 

それでは、どうぞよろしゅう。

| その他の制作。 | 20:39 | - | - | pookmark |
物々交換の行方。

納品、というのが正しいのかどうか。

頂いた、と言ってしまって正しいのかどうか。

 

先日、鋳金作家の松坂さんに、お店用のキーホルダーを作って頂けないかとお願いしていたのだった。

その時に、消しゴムハンコのご依頼を頂いた。

そして、お互いに作れるものを作って交換しよう、という事になったのだった!

 

作って頂いたのが、こちらのキーホルダー!

この、アルファベットのパーツだけを元々所有していて、それをキーホルダーに出来ないかなあとずっと思っていたのだった。

技術的な事を色々と手をかけて頂いて、パーツもしっかり止めつつ、魚の尻尾みたいなデザインが可愛い。

革と金具もご希望に沿って頂くという、いたせりつくせり具合。

なめ革と真鍮で合わせて頂いたので、使い続ける時間と共に育っていく筈。

 

本当にどうもありがとうございました!!

じっくり使わせて頂きます〜!

 

ちなみにこちらからは、この様な感じのものをお渡ししてみた。

気に入って頂けてると良いなあ。

| その他の制作。 | 00:01 | - | - | pookmark |
佇めば家、集まれば街。
先日の県令邸の展示がご縁で、県令邸のミニノート(簡易版)を大量注文製作中。
切ったり折ったり立てたり。

建てたり!!!!
これだけで街が出来そう。

切ったり折ったり、
※まだ全冊仕上がっておりません!もうしばしお待ちを〜。
| その他の制作。 | 22:56 | - | - | pookmark |
春宵。
迷っても、それすらも吐き出さなければ進めもしない旅路。
ほぼ決定稿での、テストプリントとのにらめっこ。
自分の熱さと局地的な視野を、静けさと鳥の高さの目線から問い直してみる。
知っていて読めるのと、知らないで読めるのとは全く別の視点が必要だから。

作りかけ。
そうして出来上がってきたものは、何処となくうきうきした春の空気を掬い取ってしまっていた。
甘さに、僅かな苦さと酸っぱさが混在している様な気がする。
まるでブルーベリーとか、ラズベリーのジャムの瓶のラベルみたいだ。
| その他の制作。 | 22:58 | - | - | pookmark |
スキルアップ。
ワークショップがあるので、手慣らしを兼ねて、変形型の本をお試しで製本してみた。
家の本。

世の中には見える技術と見えない技術の2通りがあって、職人の世界は、見えない技術が半端なく多かったりする。
製本もどちらかというと職人寄りで、見えない所に色々な技が盛り込まれている。
なので、ちょっと形が違うだけでも、知識や技術や勘や別の工夫を強いられるのだった。

こういうのを沢山作って、小さい町を作りたいんだよなあ。
続きを読む >>
| その他の制作。 | 22:51 | - | - | pookmark |
実験、もとい練習中。
新しい技法を覚えた。
出せない答え。
世が世なら、見習い魔法使いは、新しい魔法を体得した、と言えるのかも知れない。

ずっと、絵の世界に、色と光を取り込む方法を探してきた。
これまでの画法も、色彩の多彩さも、全ては光というものを刹那、留めておく為に考え、繰り出されて来たものだった。
透明感がある水彩を愛用しているのもそれ故だし、不透明な紙の上、それでも透明な光を探し続けた。

これまでの、版画やステンシルに似ていると評されるあの色の置き方も、僕はとても気に入っている。
あの描き方と色の置き方を見つけた事は、それまでいた場所から僕を自由にしてくれたし、
淀みなき色の存在を、今の僕が出来得る最上の方法で止める事を可能にしてくれた。

描きかけ。
10年前、この画法に辿り着くまでに突き詰めて来た描き方も、やっぱり同じ様に気に入っているものだった。
それは光を描くというよりも、線を描く画法。
けれど、その頃の僕は、柔らかく、優しく、触れたら溶けてしまう結晶の様な色彩を探していた。
その技法は、僕が描こうとするものよりも強く、痛かった。
そこから柔らかさや鮮やかな色彩の在処を見付けきれずに、僕は別の坑道を探す事を選んだのだ。

不思議なもので、新しい技法は、これまでの画法では少し分が悪い。
そして、10年前に置き去りにした侭の描き方を思った。
あの時覚えた閉塞感と、あの時は見つけられなかった突破口を、こうして見付けてしまうものなのだろうかとも思う。
けれど、早くても遅くても、きっとこの方法には出逢えなかったし、気付けなかったろうとも思うから。

実験。
奇跡なんて、単純で陳腐な言葉で片付けてしまえる程、簡単なものでは無いけれど、
そう呼んでも良いかなと思うような事が、世の中には結構散らばっている。
輝くかも分からない気に入った石を、ポケットに入れて持ち歩くみたいに、出会ってしまったものの優劣を判断する基準は、そこには無い。
それに意味が在るかどうかを知れるのは、何時だって拾ったずっと後だ。

小手先の方法が変わったからといって、思っているものまでもが変わるとは思えない。
もう少しだけ、自分が見たいものに近付けそうな気がするよ。
続きを読む >>
| その他の制作。 | 20:41 | - | - | pookmark |
クマの絵本、みたいな?
年の瀬前の、少し前の事。
ベアレンビールさまから、グリーティングカードのイラストとデザインをご依頼頂いた。
ベアレンさまー
で、 それが刷り上がって来たので、ちょこっと分けて頂いたのだった。

「何となく大人向け(ビールだから)」
「絵本っぽく」
というのがご依頼の際に提案されていた事。

色は派手でなく、というご依頼だったので、描き方も色も普段より抑えめにしてある。
ベアレンさまのビール作りもドイツビールが根幹にあるらしいので、 ドイツつながりで描けたら良いなと思って、エトモちゃんで扱っているドイツの画材を使ってみた。
日本とは色の感覚が違う、という事もあるし、ドイツもどちらかというと日本的な、落ち着いた色味を好む風土なので、しっくりくる様な気がしたのだ。
結果的には、地に足が着いた、いい色合いになって良かったと思っている。

個人的には、贈る先の方が盛岡・岩手外の方も多いのかな?と思ったので、
岩手・盛岡っぽいのどかさだとか、自然一杯だとか、落ち着いた旧い町並みだとか、地方感とかレトロな感じも滲ませられたら良いのかな、と思って描いていた。
こう、盛岡からやってきた子達ですよ、感があった方が、他県の方はお土産とサプライズ感あって嬉しいかな、と思って。

ベアレンさまの初めてのお仕事先だとか、会った方だとかに贈られる用らしいので、見かけたら宜しくお願いします!
可愛く出来たと思うよ。
続きを読む >>
| その他の制作。 | 22:21 | - | - | pookmark |
森を作ろう。
 「森を作ろう。」と、思った。
何かこう、出掛けた気分にもなれて、
わくわく出来る所で、
何かいいもの落ちてないかなあ、と、探索出来て、探せる所。
それは、「森」じゃないかと。
唐突に、そう思ったのだった。

ゴリゴリ。
エトモちゃんは確かに僕好みの場所にカスタマイズされていて、空間の広く、まったりした空気感のある図書館の様な雰囲気に仕上がっている、とは思う。
ただ、ちょっと閑散としていて、寂しいんじゃないかと思っていたのだ。
そして、足りないのは、何か楽しい物を探す感じ。
言うなれば、わくわく感だ。

貼り付け。
それは、ギッシリ物を並べる事で解決出来る側面もあるし、多くのお店さんではそれで賑やかさを出しているのだと思う。
ただ、それをエトモちゃんでするのは少し、ベクトルが違う様な気がするのだ。
それは、物が多いイコール情報量が多い、という満たされ方で、
少なくとも想いのこもったものを丁寧に並べてみたい、という意図とは変わってしまう気がする。

イメージ確認。
そして、エトモちゃんは「なかよく、たのしく、おもしろく」がモットーなのだ。
だから、絵を見たければ見ればいいし、飾ればいいし、
グッズが欲しければ、場所代代わりに何か買って頂ける様な場所であってくれたら良いと願っている。
そういう余白は、是が非でも残して置きたい。

ゴリゴリ。
じゃあ、わくわくするなら…、と考えていって思いついたのが冒頭の1点だ。
わくわくするものは既にここに在るのだから、
今度は空間として、わくわくする場所にしてみたい。
クリスマスだとかお祭りだとかで感じるわくわく感を、エトモちゃんにもう少しエッセンスとして加えてみる事にした。

乗せ乗せ。
他の什器が大人しい感じでまとまっているので、この辺りは遊んでも良いだろう。
窓際なんてやりたい放題やっているんだし、ああいう遊んじゃった感が欲しい。
できれば、店内でも、存分に感じられる位に。

という訳で、ひとまず「ツリーっぽい棚」を作ってみた。
最終形態!
こんな感じで幾つかぽこぽこと並べられたら楽しいと思う。

ドングリでも拾うみたいに、ここで何か素敵なものを見つけて貰えたら、と、願うよ。
続きを読む >>
| その他の制作。 | 01:10 | - | - | pookmark |
フライング師走。
ここ数日は、セミオーダーの年賀状の印刷だったり、
週末のデザインデイでのお披露目用の新作を作ったり、
色々プリント中!
新Mac、新プリンター、データの移行などで慌しく過ごしていた。

ようやっと4山位越えたので、自分の制作にも手をつけられそう。
「聖夜のともしび」DM
年末の個展もお楽しみに♪
| その他の制作。 | 09:11 | - | - | pookmark |