CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
RECOMMEND
ほぼとり。
ほぼとり。 (JUGEMレビュー »)
ものゆう
ゆるかわ系の表紙に、ひよこの4コマがギッシリ詰まった一冊です。
時にシュールな場面もありますが、すっと読めてしまう面白さがあるので、ほっこりしたい時におすすめです。
「きょうの猫村さん」が好きな方は好みが近そうです。
個人的に大変ツボをついてくる本ですが、特に「もち」、「ながしそうめん」、「カフェイン」から「わるいとり」のくだりが好きです。
RECOMMEND
ツノゼミ ありえない虫
ツノゼミ ありえない虫 (JUGEMレビュー »)
丸山宗利
体長僅か2センチ程度なのに、奇抜な生き物。それがツノゼミだ。
なんでこんなに奇妙な形をしているのか、進化論でも説明出来ない、アーティステッィクな虫達。
おまけに、奇妙な形すぎて、風が強い日はうまく飛べない、という大変平和な虫でもある。
生まれ変わったらこんな虫になりたい。
RECOMMEND
待ちつづける動物たち 福島第一原発20キロ圏内のそれから
待ちつづける動物たち 福島第一原発20キロ圏内のそれから (JUGEMレビュー »)
太田康介
福島第一原発20キロ圏内の、取り残された動物達の今を撮り続けた写真集。
最初の感想は、ただただ切ない。
それでも、人間のいなくなった異質な町で生き続ける動物達の、必死さと、
それを守り、助けようとする、無名のボランティアさん達の奮闘、葛藤が、ここに包み隠さず表現されている。
見終えた後、ほんの僅かだけれど、希望を感じさせてくれる本でもある。
震災も原発も良く分からないけれど、動物が好きという方に、知って頂きたい一冊。
RECOMMEND
絶滅危惧種を見に行く―滅びゆく日本の動植物たち
絶滅危惧種を見に行く―滅びゆく日本の動植物たち (JUGEMレビュー »)
藤田 一咲
藤田一咲さんの本が好きなのです。
写真も、文も。
訥々とした語り口ながら、学術的な情報も載せつつ、その端々に気持ちのこもった書き方をする方です。
まるで浮遊するような文体で。
重くなりがちな絶滅しそうな動物達のポートレートを、絶妙なバランスで書いてくれてます。
まだ、間に合うと思いたい。
RECOMMEND
風と光と水のことば―季節の横顔を愉しむ
風と光と水のことば―季節の横顔を愉しむ (JUGEMレビュー »)
細川 剛,倉嶋 厚
気象を中心に、言葉と艶やかな写真で構成された一冊。
色彩の鮮やかさもさることながら、英語と日本語の両表記がありがたいです。
軽くさらうのに最善と言える入門書。
RECOMMEND
砂漠 THE DESERT
砂漠 THE DESERT (JUGEMレビュー »)
藤田 一咲
今は絶版になってしまった写真集、「サバク」のリメイク版、といったところ。
半分位が撮りおろし写真で、以前より大判になっています。
砂漠好きには「買い」!な一冊。
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
デンジャラスカラフリィ
イラストサイト デンジャラスカラフリィへ
saharaのイラストサイト。
宝石の様な色彩が見所の絵を満載です。 オリジナル絵本や展示の情報も載せています。
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
saharaの日常のかきつづりです。
ときどき絵も描いてくかも。
造幣局セット。
春は出会いと別れの季節、という事で頂き物があった。
好みを知りつつ仲良くして頂いてる、SさんとOさんより。
なので、面白い物がガッツリ入っていたのだった。

オシャレな包み紙の中から出て来た物。それは…!

まずは「お札タオル」。
お札タオル
1万円がフェイスで、5千円がハンドタオル。という、サイズに価値が表れている一品。
思わず箱を開けた瞬間に噴き出してしまった。
こんなの物干に干してあったら、絶対二度見すると思う。というか、注目の的であろう。
使いどころのセンスが問われそうだなあ。

続いて、「お札サブレ」。
お札サブレ。
6枚入りと書いてあったから、てっきり1万円×2、5千円×2、千円×2だとばっかり思っていたら、
レア2,000円札!
1万円の下から2千円が出て来た…!
にくい演出!
なので、気になる総額は24,000円!
もちろんサブレだけど。
おいしく頂きましたよ。

そして最後は、「招福ペンセット」。
どういう事かと言うと、ペンの軸回りに入っているのが、お札をシュレッダーに掛けたもの…!
お札ペン…!
なおかつ、驚愕の注意書きがここに!
驚愕の注意書き!!
注意書きも注意書きだが、これを復元して使おうと企てる方がいるのにも驚きだ。
元に戻す方が労力使いそうな感じがするのだが…。
というか、お札1枚分も入ってない感じがするよ。どう見ても元に戻らないであろう。

などと、楽しいグッズを頂いたのだった。
どうもありがとうございました!
さて、どこで使おうかな。
| おもしろ写真 | 09:29 | - | - | pookmark | 昨年の記事
今度は「紅の豚」。
マルカ君より、気に入りそうな新作を見たという情報を得たので、以前から気にしているパン屋さんをのぞきに行ってきた。

売場の目立つ所にあったのですぐに見つかる。
その名も、「紅の豚パン」!
「紅の豚」パン
1匹、サングラスかけとる…!

以前紹介した、「三匹のこぶたパン」の新作らしいのだが、りんごクリームとか入ってて、こっちの方がよりおいしそう。
もっと可愛らしいピンクで目立っていたので、こぶた共々人気になりそうだよ☆
| おもしろ写真 | 08:23 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
確かに犬。

面白いパンを貰った。
それがコレ。
「ホットドッグ」!
言うまでもなく、ホットドッグ!
犬の形のホットドッグ!
ちょっとケチャップがはみ出してるのが怖いけど、愛嬌あるよね。

| おもしろ写真 | 06:59 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
パンダまんじゅう!
某百貨店のデパ地下で、またまた気になるものを発見!
パンダまんじゅう♪
パンダまんじゅう!
でも人だかっていて、買うのを断念。

後で調べたら、限定品だった様で見つからなくなっていた。
写真だけでも撮っておいて良かったなあ。
| おもしろ写真 | 09:18 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | 昨年の記事
肉と肉の間に。
少し前の新聞に、常識破りの新メニューという紹介で、驚くべきバーガーが載っていた。
それは今、ケンタッキーで販売中の「チキンフィレダブル」。
通常、バーガーと言えば、上下のパンで具を挟んでいる物、だと思うのだが、
このバーガーはパンが肉にすり変わっているというのだ。

という訳で、頃合を見計らって買って来てみた。
パッケージは、普通。
まあ、パッケージは普通。
高さがあるけど、サイズも他のバーガー類と変わらなく思える。

開けてみれば、
肉にしか見えない!!
まさに肉!!
骨なしのチキン2つを、中のチーズがかろうじてドッキングさせている感じだ。
他に挟んであるのはベーコンとマヨネーズ。野菜は一切なし。
やや濃い味の気がしたけど、ボリュームも凄いし、ガッツリ肉好き!な方にはたまらない1品だろう。
単にふざけている感じも無く、ちゃんとメニューとして成り立つおいしさだった。
しかしこの見た目は、インパクトあるよね…!

単品450円。
通常のチキン1ピースが200円だから、妥当な値段だと思う。
一度位は試してみても良いと思うよ。
| おもしろ写真 | 08:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ジェスチャークイズ。
「UFO!」
「当ててみやがれ」(byチャーハン)
とやってる様に見える。
| おもしろ写真 | 07:56 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
巨大シューを探しに。
いわきへ行って来た。
以前から「巨大シュークリームを扱っているお店」があると聞いていて気になっていたのだが、とうとう行く機会がやってきたのだ!
という訳で、地元の老舗らしいお菓子屋さん「白土屋」さんへ。

この辺だろう、という商店街の道をゆるゆる行くと、そのお店が見えてきた。
白𡈽やさん。
シュークリームの看板がなければスルーしてしまいそうな、いかにも地元のお店といった佇まい。

中に入ってみると、
シュークリーム、シュークリーム、シュークリーム!
あるある、シュークリーム!
というか、シュークリームしか無いんじゃないかと思う位、シュークリーム。
左下2段が「プチシュー」。
右下が「ジャンボシュー」、右中央が「中ジャンボシュー」、右上が「特大ジャンボシュー」だ。
…「ジャンボ」よりも「中」の方がでかいのか。
なんか表記がおかしい気がするけども、気にしない気にしない。

で、迷った挙句、自分用に「中」を、家用に「特大」を買って来た。
さあ、記念に撮影撮影☆
「コレ」で『中サイズ』!
これで「中」のサイズ。
フォークと500円の、なんと小さく見える事か…!
再度言うけど、これで「中」なんだよ。
コンビニに置いてある、2~3人前位の小さいホールケーキ位は、あるよ。

味は下にカスタード少々と生クリームで、甘め。ちょっと重めのクリームで、ボリュームたっぷりだ。
でも皮がサクサクしていて厚みがあり、量もあるので、クリームの甘さとバランスが取れていて、大きくても最後までおいしく頂けた。
まあ、大きいから、一人なら「ジャンボ」サイズで丁度良いと思う。
やっぱ「中」は、でかいわ。

ちなみに「特大」はというと…!
特大サイズ。
もはや大きめホールケーキと変わらないかと。
500円では対応し切れなそうなので、携帯を置いてみたのだが、それでも大きい。
これも大振りだけれど、おいしさは変わらずだったので、味はどのサイズでも心配ないと思われる。

そういえば、僕の前のお客さんが「特大」を2つもお買い上げになっていた。
何人で食べる気なんだろう。
どうでも良いけど、そこも気になる。
| おもしろ写真 | 10:54 | - | - | pookmark | 昨年の記事
新種発見!

以前にもあんなのこんなのを写メって来たけれども、
またも、海岸沿いで、新たな動物を発見したので撮ってみた。
キュートなイルカ♪
海沿いだから、イルカ!
それにしてもこのシリーズ、どんどんどんどん複雑化してる気がするんだけど、大丈夫なんだろうか。
気長に新作を探してみようと。

| おもしろ写真 | 07:10 | - | - | pookmark | 昨年の記事
デカプリンの、その後。
新年気分も払拭されつつある頃、1通のメールが届いた。
先日のプリンに進展があったのだ。
作って冷やしているらしい。
8時間も、冷やしているらしい。
そりゃあ完成品を見たいよ!と言う事で、拝見しに行って来た。

この為に牛乳1リットルを費やした、どでかいプリンだ。
比較の為、500円を置いて撮ってみる。
比較してみる。
…ううむ、イマイチ大きさが伝わらない感じがするのは気のせいだろうか。

とりあえず開けてみましょう。開けてみましょうとも!!
開けましょう。開けましょうとも!
この時点で、ちょっと普通のプリンの寸法と違う事を察して頂きたいよ。
ジョッキのビールみたいなサイズ感だよ。

あまりに大きいので、カレー皿にプッチンするのを見守ってみる。
すんなりプッチンされるものの、重力で一気に広がって、よく見るプッチンの比率に近い見た目になる。
とはいえ、大きさはやっぱりハンパ無いんだけど。
更に比較。
携帯と500円玉の大きさがおかしく見えるよ…!!

さて、ここまで来たら、後は食べるだけ。
さっそく食べてみたり。
スプーンはカレー用。
おいしいおいしい。
普通にプリンだ。プッチンプリンだ。
前に食べたバケツプリンはもっと大柄な味でこんなもんかと思っていたけど、こっちのプリンはおいしいぞ。
まあ、おいしいのは明治の「おいしい牛乳」が使われたのも一因かも知れないけども。

ちなみに、スプーンはカレー用のスプーン。
普通のスプーンだったら、一体何口位掛かるんだろうか?
この日はとても食べ切れなかったので、残りはラップされてしまわれたりしていた。
制作キットもあるので(待ち時間は掛かるけど)手軽に作れるし、パーティとかに持って行ったら楽しいと思うよ☆
| おもしろ写真 | 11:24 | - | - | pookmark | 昨年の記事
サルも居たけど
パンダのケーキ!
パンダケーキ!
子供が見たら凄く喜びそう。
こういうの、たまに見かけると嬉しくなってしまうな。
| おもしろ写真 | 07:58 | - | - | pookmark |