CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
RECOMMEND
ほぼとり。
ほぼとり。 (JUGEMレビュー »)
ものゆう
ゆるかわ系の表紙に、ひよこの4コマがギッシリ詰まった一冊です。
時にシュールな場面もありますが、すっと読めてしまう面白さがあるので、ほっこりしたい時におすすめです。
「きょうの猫村さん」が好きな方は好みが近そうです。
個人的に大変ツボをついてくる本ですが、特に「もち」、「ながしそうめん」、「カフェイン」から「わるいとり」のくだりが好きです。
RECOMMEND
ツノゼミ ありえない虫
ツノゼミ ありえない虫 (JUGEMレビュー »)
丸山宗利
体長僅か2センチ程度なのに、奇抜な生き物。それがツノゼミだ。
なんでこんなに奇妙な形をしているのか、進化論でも説明出来ない、アーティステッィクな虫達。
おまけに、奇妙な形すぎて、風が強い日はうまく飛べない、という大変平和な虫でもある。
生まれ変わったらこんな虫になりたい。
RECOMMEND
待ちつづける動物たち 福島第一原発20キロ圏内のそれから
待ちつづける動物たち 福島第一原発20キロ圏内のそれから (JUGEMレビュー »)
太田康介
福島第一原発20キロ圏内の、取り残された動物達の今を撮り続けた写真集。
最初の感想は、ただただ切ない。
それでも、人間のいなくなった異質な町で生き続ける動物達の、必死さと、
それを守り、助けようとする、無名のボランティアさん達の奮闘、葛藤が、ここに包み隠さず表現されている。
見終えた後、ほんの僅かだけれど、希望を感じさせてくれる本でもある。
震災も原発も良く分からないけれど、動物が好きという方に、知って頂きたい一冊。
RECOMMEND
絶滅危惧種を見に行く―滅びゆく日本の動植物たち
絶滅危惧種を見に行く―滅びゆく日本の動植物たち (JUGEMレビュー »)
藤田 一咲
藤田一咲さんの本が好きなのです。
写真も、文も。
訥々とした語り口ながら、学術的な情報も載せつつ、その端々に気持ちのこもった書き方をする方です。
まるで浮遊するような文体で。
重くなりがちな絶滅しそうな動物達のポートレートを、絶妙なバランスで書いてくれてます。
まだ、間に合うと思いたい。
RECOMMEND
風と光と水のことば―季節の横顔を愉しむ
風と光と水のことば―季節の横顔を愉しむ (JUGEMレビュー »)
細川 剛,倉嶋 厚
気象を中心に、言葉と艶やかな写真で構成された一冊。
色彩の鮮やかさもさることながら、英語と日本語の両表記がありがたいです。
軽くさらうのに最善と言える入門書。
RECOMMEND
砂漠 THE DESERT
砂漠 THE DESERT (JUGEMレビュー »)
藤田 一咲
今は絶版になってしまった写真集、「サバク」のリメイク版、といったところ。
半分位が撮りおろし写真で、以前より大判になっています。
砂漠好きには「買い」!な一冊。
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
デンジャラスカラフリィ
イラストサイト デンジャラスカラフリィへ
saharaのイラストサイト。
宝石の様な色彩が見所の絵を満載です。 オリジナル絵本や展示の情報も載せています。
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
saharaの日常のかきつづりです。
ときどき絵も描いてくかも。
<< 青推しの展示へ。 | main | Making of “Condominium”. >>
プリン展など、参加中。

よく通る道に、新興住宅が出来るらしく、差し当たって先に、道路と公園だけが整備された。
公園には美しい程、真っ平らに砂が敷かれたのだが、
この砂が、とても「いい砂」らしく、
連日、スズメさん達がやって来て、沢山砂浴びしたので、
公園は今、スズメさんの穴ボコでぼっこぼこになっている。
…個人的に、この後の経過がとても気になる…。

 

まあ、そんな事はさておいて。
 

当日の報告になってしまいましたが、

本日より、クラムボンさんで毎年恒例、「第18回プリン展」が開催です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

・「第18回プリン展」



場所 クラムボン(盛岡市紺屋町5−33)
日時     2019年7月29日(月)〜8月10日(土)
   10:00〜19:00(最終日〜18:00)
   *日・水 定休
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

プリン好きな、豪華な作家さんによる、とにかくプリンばかりの作品展です。

 

僕も遅ればせながら、今日の閉店間際に新作を持ってったので、明日から見れます。

久々に、ご依頼以外での、ちゃんと描きたいものをちゃんと描けたので、ちょっとほっとしてる。

 

それと、新作のハガキを額装版にして、可愛げな感じにセッティングしてあるので、こっちも気が向いたらどうぞ。

おまけに、壁面をドドンと飾る、皆さん渾身のプリンかるたにも、2柄かな?で参加してますので、そっちもぜひぜひご覧下され。

 

 

後、白鳥の停車場さんで開催中の「ケンタウル祭vol.4」にも、引き続き参加中です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

・ケンタウル祭vol.4


場所 白鳥の停車場(〒025-0014 岩手県花巻市高松第26地割3)
日時     2019年7月7日(日)〜8月31日(金)
※期間中の定休日は設けない予定です
営業時間 10:00〜16:30(週末のライトアップ時期は夜間あり)  
作品内容 宮澤賢治さんの、星の世界をテーマにした作品展
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
 

週末のライトアップが始まったらしいので、夜更かしOK!な方は夜に行くのをお勧めします。

もう、本当に幻想的で美しいので。

 

夏休みだし、何処行こっかなー、と思ってる方は、足を運んで頂けるととても嬉しいです。

それでは、どちらもどうぞよろしゅう。

| おしらせ | 22:24 | - | - | pookmark |