CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
RECOMMEND
ほぼとり。
ほぼとり。 (JUGEMレビュー »)
ものゆう
ゆるかわ系の表紙に、ひよこの4コマがギッシリ詰まった一冊です。
時にシュールな場面もありますが、すっと読めてしまう面白さがあるので、ほっこりしたい時におすすめです。
「きょうの猫村さん」が好きな方は好みが近そうです。
個人的に大変ツボをついてくる本ですが、特に「もち」、「ながしそうめん」、「カフェイン」から「わるいとり」のくだりが好きです。
RECOMMEND
ツノゼミ ありえない虫
ツノゼミ ありえない虫 (JUGEMレビュー »)
丸山宗利
体長僅か2センチ程度なのに、奇抜な生き物。それがツノゼミだ。
なんでこんなに奇妙な形をしているのか、進化論でも説明出来ない、アーティステッィクな虫達。
おまけに、奇妙な形すぎて、風が強い日はうまく飛べない、という大変平和な虫でもある。
生まれ変わったらこんな虫になりたい。
RECOMMEND
待ちつづける動物たち 福島第一原発20キロ圏内のそれから
待ちつづける動物たち 福島第一原発20キロ圏内のそれから (JUGEMレビュー »)
太田康介
福島第一原発20キロ圏内の、取り残された動物達の今を撮り続けた写真集。
最初の感想は、ただただ切ない。
それでも、人間のいなくなった異質な町で生き続ける動物達の、必死さと、
それを守り、助けようとする、無名のボランティアさん達の奮闘、葛藤が、ここに包み隠さず表現されている。
見終えた後、ほんの僅かだけれど、希望を感じさせてくれる本でもある。
震災も原発も良く分からないけれど、動物が好きという方に、知って頂きたい一冊。
RECOMMEND
絶滅危惧種を見に行く―滅びゆく日本の動植物たち
絶滅危惧種を見に行く―滅びゆく日本の動植物たち (JUGEMレビュー »)
藤田 一咲
藤田一咲さんの本が好きなのです。
写真も、文も。
訥々とした語り口ながら、学術的な情報も載せつつ、その端々に気持ちのこもった書き方をする方です。
まるで浮遊するような文体で。
重くなりがちな絶滅しそうな動物達のポートレートを、絶妙なバランスで書いてくれてます。
まだ、間に合うと思いたい。
RECOMMEND
風と光と水のことば―季節の横顔を愉しむ
風と光と水のことば―季節の横顔を愉しむ (JUGEMレビュー »)
細川 剛,倉嶋 厚
気象を中心に、言葉と艶やかな写真で構成された一冊。
色彩の鮮やかさもさることながら、英語と日本語の両表記がありがたいです。
軽くさらうのに最善と言える入門書。
RECOMMEND
砂漠 THE DESERT
砂漠 THE DESERT (JUGEMレビュー »)
藤田 一咲
今は絶版になってしまった写真集、「サバク」のリメイク版、といったところ。
半分位が撮りおろし写真で、以前より大判になっています。
砂漠好きには「買い」!な一冊。
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
デンジャラスカラフリィ
イラストサイト デンジャラスカラフリィへ
saharaのイラストサイト。
宝石の様な色彩が見所の絵を満載です。 オリジナル絵本や展示の情報も載せています。
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
saharaの日常のかきつづりです。
ときどき絵も描いてくかも。
<< 色彩の残り香。 | main | Happy Halloween! >>
10月終わりの展示巡り。

ちょこっと時間を作って、幾つか展示を巡ってきた。

 

まずは10月30日(日)まで開催中の、「現展東北展2016 選抜小品展」へ。

現展、つまり現代美術の展示で、会場2カ所で開催されていた展示の1つ。

ギャラリー盛久さんでは、主にサイズの小さな絵画作品を中心に飾ってあった。

テーマの分かりやすい具象画や、???と思う不思議な絵まで、ジャンルを問わず厳選した作品が並んでいる感じだった。

なかなか面白いので、見ておくと良いかも。

 

その後は、ギャラリー彩園子さんへ。

1階では「宇田義久展」が開催中だった。

大きなパネルに、水面の様なタイルの様なテラッテラな表面を湛えて、揺らぐグラデーションの色面がドンと存在している。

その表情が絵画のそれでなく、陶器やガラスの表面に近い艶やかさを持っていたのが興味深い。

会場には他に、パステルや鉛筆の作品と、ジェンガを使った意味深な立体作品もあり、そのどれもがシュールな静けさを持っていて、不思議な空気感を醸し出していた。

11月5日(土)まで開催中。

 

続いて、奥の建物で10月29日(土)まで開催中の「2016 岩手大学 版画研究室展」へ。

この、奥の展示室が、ちょっとばかり独特の雰囲気で、

本当にここに?と思う感じの、植え込みに隠れた所にひっそりと入り口がある。

作品数は少なめで、大人しい感じの作品が多かったけれど、

一方で実験的な表現を楽しんでいる作品もあって、版画好きには見て欲しい作品達だった。

個人的には、ふっかふかな羽毛の烏骨鶏さんの銅版画の作品が、可愛くて良かったと思う。

 

そして、ひめくりさんの「モリオカノオト さいとうゆきこ展」へ。

新作のカレンダー他、これまでの作品が見られる様にファイルが置いてあったり、

ラフやメモなどもさりげなく貼ってあったりして、制作風景が分かる資料も飾られていたのが面白かった。

盛岡の日常のちょっといい風景に出会える、優しいイラストの作品展だ。

こちらは11月1日まで。

すぐ側の中津川は鮭も上がり始めてきたし、カモさん達も飛来してきているので、一緒に楽しんで頂ければと思うよ。

 

おまけ。

目が合って、とてとてと駆け寄ってきて、ここに陣取るご近所さん。

お目当は、人用のおやつの無糖ヨーグルト。(メーカーによって食べたり食べなかったり。)

| 展示レポート | 21:44 | - | - | pookmark |