CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
RECOMMEND
ほぼとり。
ほぼとり。 (JUGEMレビュー »)
ものゆう
ゆるかわ系の表紙に、ひよこの4コマがギッシリ詰まった一冊です。
時にシュールな場面もありますが、すっと読めてしまう面白さがあるので、ほっこりしたい時におすすめです。
「きょうの猫村さん」が好きな方は好みが近そうです。
個人的に大変ツボをついてくる本ですが、特に「もち」、「ながしそうめん」、「カフェイン」から「わるいとり」のくだりが好きです。
RECOMMEND
ツノゼミ ありえない虫
ツノゼミ ありえない虫 (JUGEMレビュー »)
丸山宗利
体長僅か2センチ程度なのに、奇抜な生き物。それがツノゼミだ。
なんでこんなに奇妙な形をしているのか、進化論でも説明出来ない、アーティステッィクな虫達。
おまけに、奇妙な形すぎて、風が強い日はうまく飛べない、という大変平和な虫でもある。
生まれ変わったらこんな虫になりたい。
RECOMMEND
待ちつづける動物たち 福島第一原発20キロ圏内のそれから
待ちつづける動物たち 福島第一原発20キロ圏内のそれから (JUGEMレビュー »)
太田康介
福島第一原発20キロ圏内の、取り残された動物達の今を撮り続けた写真集。
最初の感想は、ただただ切ない。
それでも、人間のいなくなった異質な町で生き続ける動物達の、必死さと、
それを守り、助けようとする、無名のボランティアさん達の奮闘、葛藤が、ここに包み隠さず表現されている。
見終えた後、ほんの僅かだけれど、希望を感じさせてくれる本でもある。
震災も原発も良く分からないけれど、動物が好きという方に、知って頂きたい一冊。
RECOMMEND
絶滅危惧種を見に行く―滅びゆく日本の動植物たち
絶滅危惧種を見に行く―滅びゆく日本の動植物たち (JUGEMレビュー »)
藤田 一咲
藤田一咲さんの本が好きなのです。
写真も、文も。
訥々とした語り口ながら、学術的な情報も載せつつ、その端々に気持ちのこもった書き方をする方です。
まるで浮遊するような文体で。
重くなりがちな絶滅しそうな動物達のポートレートを、絶妙なバランスで書いてくれてます。
まだ、間に合うと思いたい。
RECOMMEND
風と光と水のことば―季節の横顔を愉しむ
風と光と水のことば―季節の横顔を愉しむ (JUGEMレビュー »)
細川 剛,倉嶋 厚
気象を中心に、言葉と艶やかな写真で構成された一冊。
色彩の鮮やかさもさることながら、英語と日本語の両表記がありがたいです。
軽くさらうのに最善と言える入門書。
RECOMMEND
砂漠 THE DESERT
砂漠 THE DESERT (JUGEMレビュー »)
藤田 一咲
今は絶版になってしまった写真集、「サバク」のリメイク版、といったところ。
半分位が撮りおろし写真で、以前より大判になっています。
砂漠好きには「買い」!な一冊。
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
デンジャラスカラフリィ
イラストサイト デンジャラスカラフリィへ
saharaのイラストサイト。
宝石の様な色彩が見所の絵を満載です。 オリジナル絵本や展示の情報も載せています。
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
saharaの日常のかきつづりです。
ときどき絵も描いてくかも。
<< 夜更かしのその後。 | main | 「2016カレンダー展」、開催! >>
コーヒーで始めるボランティア。
お店は岩手の作家さんモノ中心に扱う。それも、絵モノに特化して.。というのは、開店前に決めていた事だった。
それでも、作家さん一人一人の作品の数やご都合もあるし、思う程にビジョンを共に出来ない所もあるというのも分かって来た。

そこで軸にもう1つ、「岩手に紹介したいモノ」をビジョンに加える事にした。
岩手、殊に盛岡でイラストや絵を描いている、デザインが好きだという方に、見て満足頂ける質の高いデザインやものを、エトモから発信してみる事にする。
町の規模ゆえ、どうしたって大都市の情報量・流行の速度には届かないが、そこから少し流れを持ってくる事は可能な気がした。
盛岡は新しい物好きよりは、旧いものを善く使う感覚が強いので、少しばかり僕が思う所との温度差は否めないし、それが確実に受け入れられるとも限らない。
小さな店なら、小さな店なりに。
小回りと独自性だけが、僕に動かせる最良の牌である。
なら、やれるだけの事をやらなければ。

一店の店主の主眼として正しいかどうかは分からないが、僕は扱うもののそこここに、「思い」や「ストーリー」の見えるものを扱いたかった。
ひとりきりの交渉は、「戦い」にすらならないので、「協力」だけを願うものとなった。
新規の店舗だという事、審査や契約書を通さなかれば卸して頂けない会社さん、泣きそうになる様な事も有りながら、それでも共にビジネスをし、少しでも一緒に進める「協力」を、僕は願った。

今回コーヒーを分けて頂いているBuddyさんは、そういう意味で力を分け合える強さを感じたブランドだった。
ブランドというのが正しいかは分からないが、「コーヒーで動物保護の活動の資金を得る」という、 コンセプトをぶらさずに展開した商品と、想い。
その立ち方は「デザイン」と呼ぶにふさわしいものだと、僕は思う。
Buddyさんのコーヒー。
盛岡にはコーヒー好きな方も多いし、コーヒー屋さんも多い。
近くに気に入ったお店が多々ある中で、ドリップタイプのコーヒーを扱う事に気兼ねはしたが、
何よりも、動物保護の手助けにというコンセプトが、とても応援したい内容だったので、お店に置かせて頂く事となった。
カップもあります。
フレーバーコーヒーは珍しくて気になるものだったし、陶器の作家さんモノを扱う時に、ちょっと飲み物があると良いなとも思っていたので、ぴったり組めて良かったと思っている。

Buddyさん自身も、始めて2年足らずの新しい会社さんだし、
実店舗を持っておらずに通販だけ、というスタイルだったので、実店舗での販売で協力出来る事があると思ったのだ。
何よりも、少しでもこのコンセプトに助力したいと思ったし、せっかくの「場」をそういうもので溢れさせたかったので、本当に良かった。

気になる方はぜひ、飲んでみて頂けたらと思うよ。
| お店。 | 16:10 | - | - | pookmark |