CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
RECOMMEND
ほぼとり。
ほぼとり。 (JUGEMレビュー »)
ものゆう
ゆるかわ系の表紙に、ひよこの4コマがギッシリ詰まった一冊です。
時にシュールな場面もありますが、すっと読めてしまう面白さがあるので、ほっこりしたい時におすすめです。
「きょうの猫村さん」が好きな方は好みが近そうです。
個人的に大変ツボをついてくる本ですが、特に「もち」、「ながしそうめん」、「カフェイン」から「わるいとり」のくだりが好きです。
RECOMMEND
ツノゼミ ありえない虫
ツノゼミ ありえない虫 (JUGEMレビュー »)
丸山宗利
体長僅か2センチ程度なのに、奇抜な生き物。それがツノゼミだ。
なんでこんなに奇妙な形をしているのか、進化論でも説明出来ない、アーティステッィクな虫達。
おまけに、奇妙な形すぎて、風が強い日はうまく飛べない、という大変平和な虫でもある。
生まれ変わったらこんな虫になりたい。
RECOMMEND
待ちつづける動物たち 福島第一原発20キロ圏内のそれから
待ちつづける動物たち 福島第一原発20キロ圏内のそれから (JUGEMレビュー »)
太田康介
福島第一原発20キロ圏内の、取り残された動物達の今を撮り続けた写真集。
最初の感想は、ただただ切ない。
それでも、人間のいなくなった異質な町で生き続ける動物達の、必死さと、
それを守り、助けようとする、無名のボランティアさん達の奮闘、葛藤が、ここに包み隠さず表現されている。
見終えた後、ほんの僅かだけれど、希望を感じさせてくれる本でもある。
震災も原発も良く分からないけれど、動物が好きという方に、知って頂きたい一冊。
RECOMMEND
絶滅危惧種を見に行く―滅びゆく日本の動植物たち
絶滅危惧種を見に行く―滅びゆく日本の動植物たち (JUGEMレビュー »)
藤田 一咲
藤田一咲さんの本が好きなのです。
写真も、文も。
訥々とした語り口ながら、学術的な情報も載せつつ、その端々に気持ちのこもった書き方をする方です。
まるで浮遊するような文体で。
重くなりがちな絶滅しそうな動物達のポートレートを、絶妙なバランスで書いてくれてます。
まだ、間に合うと思いたい。
RECOMMEND
風と光と水のことば―季節の横顔を愉しむ
風と光と水のことば―季節の横顔を愉しむ (JUGEMレビュー »)
細川 剛,倉嶋 厚
気象を中心に、言葉と艶やかな写真で構成された一冊。
色彩の鮮やかさもさることながら、英語と日本語の両表記がありがたいです。
軽くさらうのに最善と言える入門書。
RECOMMEND
砂漠 THE DESERT
砂漠 THE DESERT (JUGEMレビュー »)
藤田 一咲
今は絶版になってしまった写真集、「サバク」のリメイク版、といったところ。
半分位が撮りおろし写真で、以前より大判になっています。
砂漠好きには「買い」!な一冊。
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
デンジャラスカラフリィ
イラストサイト デンジャラスカラフリィへ
saharaのイラストサイト。
宝石の様な色彩が見所の絵を満載です。 オリジナル絵本や展示の情報も載せています。
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
saharaの日常のかきつづりです。
ときどき絵も描いてくかも。
<< 「水色のロディに恋してる」 | main | 夜半の攻防。 >>
右腕頼り。
今は去った9月の事。
僕は東京のギフトショーに出向いていた。
小さな店の為の仲間を探す事と、そこに置くべき商品のアタリをつけて置く為に。

出来るなら、作家さんのものだけでお店を始めたいと思っていたが、それが難しいという事に気付くのにそう時間は掛からなかった。
沢山の方に声をお掛けして、嬉しいお返事も沢山頂いたが、それ以外の曖昧な返事に、正直な所、僕は頭を悩ませていた。
置いて頂ける時にご連絡します、という様な返事を沢山頂いたし、
何時置いて頂けるかも見えない作品の為に、場を空けてガラガラのまま開店するのだけは避けたかった。

始めてのお店で実績も無く、更には盛岡にはこれまで無かったタイプのお店を始めようと目論んでいたのだから、仕方の無い事だとも思っていたが、曖昧な返事がYesになるのを待っては居られない。
何か他の、エトモのコンセプトに合うものを、お店に取り入れる事を考えなければならなかった。

ちゃんとお仕事として、確実に量と質と納期を守って頂ける業者さん。
なおかつ、大型店では扱っていない様な、小さなお店ならではの品揃えが良い。
どんな会社の、どんな方がエトモと関わって頂けるのか、しっかり見える会社さんが良い。そう思った。

僕は画材を扱いたかった。
自分の右腕となるものを、自分の店で扱えたなら、どんなに倖せだろう。
盛岡にも画材専門店はあるし、そういうお店はお客さんとして通っているので、同じ商品を扱うのは避けたい。
それに、エトモは「絵描きの集う店」がコンセプトで、イラストものやデザイン雑貨、展示の出来るギャラリーをメインにしている。
なら、絵を描くのにとっかかりになるもの、
普段は絵を描かない方が、「これなら自分でも描けそう・使えそう」と思って貰える画材を置いてみよう、と思ったのだった。

画材の善し悪しは、自分で描いてみれば分かる。
加えて、その画材を手に取った時のワクワク感、心が躍る感じを持った画材を取り揃えた。
簡単に言えばユニークで、今まで絵に興味の無かった方に「ん?」と思って頂けるもの。
そして確かに、描き手の事を考えて、大切に作られている画材。
安全性とか、作っている場所の確かさとか、作り手の姿勢が見える画材達だ。

今回エトモに置かせて頂いた、ドイツのシュトックマー社製の「みつろうクレヨン」もそのひとつ。
会場で見つけた時に、なんて美しいクレヨンだろうと思った。
インテリアとしても堪えられる、美しさと気品を兼ね揃えた、宝石の様な色と、洗練された形。
箱入りの高級チョコレートと一緒に、ブランドショップのガラスケースに並んでいても違和感の無い佇まい。
少し時間が掛かってしまったが、エトモに愛すべき品が増えたのがとても嬉しい。
この輝きは見て頂いた方が早いし、手に取って感じて頂きたい。

こんなに美しいものと出会えて、更にはこのお店で、他の方の絵を描くきっかけをも築ける画材を手に入れられるとは。
わざわざ東京まで出向いた甲斐があったというものだ。

良かったらぜひ、このクレヨンを手に取って見て欲しい。
とても綺麗で、きっと只のクレヨンとは思わないでいて貰える筈だ。
| お店。 | 21:46 | - | - | pookmark |