CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
RECOMMEND
ほぼとり。
ほぼとり。 (JUGEMレビュー »)
ものゆう
ゆるかわ系の表紙に、ひよこの4コマがギッシリ詰まった一冊です。
時にシュールな場面もありますが、すっと読めてしまう面白さがあるので、ほっこりしたい時におすすめです。
「きょうの猫村さん」が好きな方は好みが近そうです。
個人的に大変ツボをついてくる本ですが、特に「もち」、「ながしそうめん」、「カフェイン」から「わるいとり」のくだりが好きです。
RECOMMEND
ツノゼミ ありえない虫
ツノゼミ ありえない虫 (JUGEMレビュー »)
丸山宗利
体長僅か2センチ程度なのに、奇抜な生き物。それがツノゼミだ。
なんでこんなに奇妙な形をしているのか、進化論でも説明出来ない、アーティステッィクな虫達。
おまけに、奇妙な形すぎて、風が強い日はうまく飛べない、という大変平和な虫でもある。
生まれ変わったらこんな虫になりたい。
RECOMMEND
待ちつづける動物たち 福島第一原発20キロ圏内のそれから
待ちつづける動物たち 福島第一原発20キロ圏内のそれから (JUGEMレビュー »)
太田康介
福島第一原発20キロ圏内の、取り残された動物達の今を撮り続けた写真集。
最初の感想は、ただただ切ない。
それでも、人間のいなくなった異質な町で生き続ける動物達の、必死さと、
それを守り、助けようとする、無名のボランティアさん達の奮闘、葛藤が、ここに包み隠さず表現されている。
見終えた後、ほんの僅かだけれど、希望を感じさせてくれる本でもある。
震災も原発も良く分からないけれど、動物が好きという方に、知って頂きたい一冊。
RECOMMEND
絶滅危惧種を見に行く―滅びゆく日本の動植物たち
絶滅危惧種を見に行く―滅びゆく日本の動植物たち (JUGEMレビュー »)
藤田 一咲
藤田一咲さんの本が好きなのです。
写真も、文も。
訥々とした語り口ながら、学術的な情報も載せつつ、その端々に気持ちのこもった書き方をする方です。
まるで浮遊するような文体で。
重くなりがちな絶滅しそうな動物達のポートレートを、絶妙なバランスで書いてくれてます。
まだ、間に合うと思いたい。
RECOMMEND
風と光と水のことば―季節の横顔を愉しむ
風と光と水のことば―季節の横顔を愉しむ (JUGEMレビュー »)
細川 剛,倉嶋 厚
気象を中心に、言葉と艶やかな写真で構成された一冊。
色彩の鮮やかさもさることながら、英語と日本語の両表記がありがたいです。
軽くさらうのに最善と言える入門書。
RECOMMEND
砂漠 THE DESERT
砂漠 THE DESERT (JUGEMレビュー »)
藤田 一咲
今は絶版になってしまった写真集、「サバク」のリメイク版、といったところ。
半分位が撮りおろし写真で、以前より大判になっています。
砂漠好きには「買い」!な一冊。
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
デンジャラスカラフリィ
イラストサイト デンジャラスカラフリィへ
saharaのイラストサイト。
宝石の様な色彩が見所の絵を満載です。 オリジナル絵本や展示の情報も載せています。
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
saharaの日常のかきつづりです。
ときどき絵も描いてくかも。
<< 1日匠の、ビフォーアフター。 | main | キュートな常連、再来。 >>
タルキタ。
それは先日の事。
盛岡市民(岩手県民も!)おなじみのベアレンビールさんから仕事を頂いていて、チラシとポスターの入校が終わるか終わらないかのやり取りの途中。
奇しくも、エトモは開店準備真っ最中。

ベアレンさんの店舗は幾つかあり、その中にビール樽をディスプレイに使っているお店さんがあって、
いいなあ、ああいうの。と、思っていたのだった。

そこで…。
ダメ元で、「いらなくなった樽があって、もし、もしもお分け頂けるのでしたら、お店の什器に使いたいのですが…??」
と、聞いてみた所、
「いいですよ」とのお返事が。

え…!!
いいの!?
ー…いいの!!?

そして話はトントンと進んで。
お仕事の打ち合わせ、兼、使わなくなった樽を見せて頂く事に。
醸造所の側にひっそりとしまわれていた、引退した樽達。
ベアレンさん曰く、タガが緩くなったり隙間が空いたりして、補修などしないと使えない樽、との事なのだけれど…。
事前に埃とか汚れとかありますよ、と聞いていたけれど、綺麗にされている感じだ。
こんな風にしまわていても、ずっと大切に使われて来たのが分かる。

もちろん現役を引退した樽さんだし、ましてや売り物で無いのだけれど、
欲しがる人、いるよなあと思いつつ、聞いてみる。
「…樽欲しいとか、聞かれたりしませんか??」
「聞かれたりしますけど、普段は断ってます〜」
とのお返事が。

ほんとにいいの!!?
いいのかな?

嬉しいな♪

で、更に持って帰れないので、後日、時間のある時に、お店まで届けて頂ける事に!!
ベアレンさんのご厚意に甘えっぱなし。本当にありがとうございます!!

そして、開店前日。
「これから持って行きます〜」とのご連絡が。
待つ事少し。

タルです。
樽、来た!!3つ来た。3つ頂けると嬉しいなとお願いした分、ガッツリ来た!!

てっきり軽トラックでやってくるのかなあと思っていたら、車が無かったので、と言って普通のバンに樽が…!
後ろの、もちろん荷物を積む専用の所に、だけど、樽が…!!

更に、ちょっとタガが緩くなってるとこに釘差しておいたので。という配慮まで頂いていて…!!
ありがとうございます、Tさま!!
第二の人生(樽生?)、預からせて頂きます!!!
西暦かと思った!!
ちなみに上の数字は、製造番号じゃないかなあとの事(西暦かと思って聞いてしまった…!!)

これで小さいサイズだそう。腰位まで高さあるけども。
またまたタルです。
下に段ボールが敷いてあるのは床の傷付き防止、&運びやすくする為。
どうも、僕の体重<樽の重量らしく、助走を付けないと押しても押され返されるというおもしろおかしな事に…。
Tさまなど、1人で持ち上げていたというのに…。
樽に押し負ける日が来るなんて。

ひとまず軽く埃を払って、ゴッシゴッシ水拭きしたら、大方の汚れや錆は綺麗になった。
このままのアンティーク感たっぷりな感じも好きだけど、上の面は商品とか作品とか置くから、ニスだけでも、と思って上面を塗ったらそこだけつやつやに。
美人だぞ、この子達。
時間取れる時、全体にニスと、タガに金属ペンキ塗ったら、現役時代の外観位には若返るんじゃないかな。

何だか、色々な方々の力を借りた結晶で、この店は成り立っているんじゃないだろうか、と、思う程、色々と助けられているのだった。
お酒は販売許可を取らないと置けないので、心苦しい所。
イラストレーターさんのラベルとかあって、可愛いのに!
ベアレンビールの皆様、Tさま。本当に本当に、ありがとうございました!!

こっそり嬉しいこの樽、見るのはタダなので、ぜひご覧あれ☆
そしてビールが飲みたくなったらぜひベアレンビールを!よろしくお願いします。
ポスター、張っちゃいました。
本業もお忘れなく。
ポスターとチラシは、お店でも掲示&配ってますよ〜♪
| お店。 | 22:14 | - | - | pookmark | 昨年の記事