CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
RECOMMEND
ほぼとり。
ほぼとり。 (JUGEMレビュー »)
ものゆう
ゆるかわ系の表紙に、ひよこの4コマがギッシリ詰まった一冊です。
時にシュールな場面もありますが、すっと読めてしまう面白さがあるので、ほっこりしたい時におすすめです。
「きょうの猫村さん」が好きな方は好みが近そうです。
個人的に大変ツボをついてくる本ですが、特に「もち」、「ながしそうめん」、「カフェイン」から「わるいとり」のくだりが好きです。
RECOMMEND
ツノゼミ ありえない虫
ツノゼミ ありえない虫 (JUGEMレビュー »)
丸山宗利
体長僅か2センチ程度なのに、奇抜な生き物。それがツノゼミだ。
なんでこんなに奇妙な形をしているのか、進化論でも説明出来ない、アーティステッィクな虫達。
おまけに、奇妙な形すぎて、風が強い日はうまく飛べない、という大変平和な虫でもある。
生まれ変わったらこんな虫になりたい。
RECOMMEND
待ちつづける動物たち 福島第一原発20キロ圏内のそれから
待ちつづける動物たち 福島第一原発20キロ圏内のそれから (JUGEMレビュー »)
太田康介
福島第一原発20キロ圏内の、取り残された動物達の今を撮り続けた写真集。
最初の感想は、ただただ切ない。
それでも、人間のいなくなった異質な町で生き続ける動物達の、必死さと、
それを守り、助けようとする、無名のボランティアさん達の奮闘、葛藤が、ここに包み隠さず表現されている。
見終えた後、ほんの僅かだけれど、希望を感じさせてくれる本でもある。
震災も原発も良く分からないけれど、動物が好きという方に、知って頂きたい一冊。
RECOMMEND
絶滅危惧種を見に行く―滅びゆく日本の動植物たち
絶滅危惧種を見に行く―滅びゆく日本の動植物たち (JUGEMレビュー »)
藤田 一咲
藤田一咲さんの本が好きなのです。
写真も、文も。
訥々とした語り口ながら、学術的な情報も載せつつ、その端々に気持ちのこもった書き方をする方です。
まるで浮遊するような文体で。
重くなりがちな絶滅しそうな動物達のポートレートを、絶妙なバランスで書いてくれてます。
まだ、間に合うと思いたい。
RECOMMEND
風と光と水のことば―季節の横顔を愉しむ
風と光と水のことば―季節の横顔を愉しむ (JUGEMレビュー »)
細川 剛,倉嶋 厚
気象を中心に、言葉と艶やかな写真で構成された一冊。
色彩の鮮やかさもさることながら、英語と日本語の両表記がありがたいです。
軽くさらうのに最善と言える入門書。
RECOMMEND
砂漠 THE DESERT
砂漠 THE DESERT (JUGEMレビュー »)
藤田 一咲
今は絶版になってしまった写真集、「サバク」のリメイク版、といったところ。
半分位が撮りおろし写真で、以前より大判になっています。
砂漠好きには「買い」!な一冊。
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
デンジャラスカラフリィ
イラストサイト デンジャラスカラフリィへ
saharaのイラストサイト。
宝石の様な色彩が見所の絵を満載です。 オリジナル絵本や展示の情報も載せています。
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
saharaの日常のかきつづりです。
ときどき絵も描いてくかも。
梅雨時の晴れ間と、制作。

キラキラしたものを作りたい気分だったので、ミニノートを作ってみた。

以前納品したのより、一回り大きいサイズ。

 

メモ帳タイプは罫線入り。

で、

自由帳タイプは、これでもかとカラフルにしてみた。

梅雨時なので、殊更虹が似合う。

 

おまけで、宝石のノートも作ってみたり。

 

それと、間接的なお知らせ。

 

プリン同盟会長より、今年のプリン展の日程のお知らせを頂きました。

8月3日〜8月15日(土)です。場所は、お馴染みクラムボンさんです。

後1ヶ月切ってるので、同盟の皆様は、作品を進めておく様にとのご達しです。

 

プリン展の搬入日は、「8月1日(土)、夕方5:30くらい?」との事です。

密を避ける様に、そして、なるべく預かって展示する、との事です。

 

また、今年も土沢の「いちびっと」さんに巡回展があるそうです。

更に詳しい事が知りたい方は、直接会長にお尋ね下され。

 

という訳で、どうぞよろしゅう。

| おしらせ | 19:08 | - | - | pookmark |
「北の文学」第80号、発売しそう。

ようやく、お知らせ出来そうなので。

 

昨年12月に続き、5月発売の「北の文学」第80号のイラストも2点、担当させて頂きました。

年2回発行の雑誌に、連チャンで呼んで頂けるのはとても嬉しい…!
僕も元々本好きなので、こういう文学!な本に関われるのは、背筋が伸びる様な嬉しさがあったり。

ご依頼頂き、どうもどうもありがとうございました!!

さて。
こちらの本、5月24日より、岩手県内発売予定、です。
献本が、多分ちょっと早く頂けてる(どうもありがとうございます!)、と思うんだけど、

昨日、肴町の東山堂書店さんに寄ったら、すでに郷土本のコーナーに平積みってあったので、県内だとも少し早くゲット出来るやも知れません。

 

岩手日報社さんは5月24日発売、

アマゾンさんは5月31日発売予定らしいです。
あ、アマゾンさんに掲載の見本の色味、大分黄緑がかってるんで、そこはご注意を。

…モニターに出にくい色、なんだろな。綺麗な色なんだけども。

気になる方は、どうぞよろしゅう。


それと、春のイベントやらがお休みになった分、地道に自分の方の制作もやっとります。

新しいポストカードも、作ってみたり。

イベントまで、ストックしとこっと。

| おしらせ | 15:24 | - | - | pookmark |
展示のご紹介の御礼。

 

遅ればせながら。

 

「銀河のあしあと」開催中、

 

4月16日に岩手日報さま、

 

4月18日に盛岡タイムスさまに、今回の展示をご紹介頂きました。

ご掲載、どうもありがとうございました!!

 

やっぱり、見る方によって、視点が違うのが面白いなあ、と思ったり。

足の主が推されてて、そこもちょっと面白かったり。

思う処が色々で在れるのが、絵の利点であり、美徳なんだろうなあと、改めて思ってみたり。

記事や文になる事で、来れない方の目に触れるのはとてもありがたかった。

どうもありがとうございました!

 

言わずもがな、一期一会で絵達に会って下さった方には、本当に感謝しとります。

どうもおおきに。

次回も、ご縁繋がります様に。

| おしらせ | 20:39 | - | - | pookmark |
個展・『銀河のあしあと』の、プレお知らせ。

さて、正式にお知らせです。

4月の真ん中に、お世話になっているクラムボンさんで、個展をやるよ。

 

ーーーーーーーーーー


「銀河のあしあと」
2020.4.13(月)〜2020.4.25(土)
10:00〜19:00(日曜休)
場所/自家焙煎コーヒー屋 クラムボン (盛岡市紺屋町5−33 tel 019-651-7207)
*最終日は〜18:00まで
ーーーーーーーーーー

 

今回のDMは、何処か雪解け水みたいな、結構に淡淡しい感じで気に入っているのだけれど、

喫茶店、というか飲食店で、『足』って(衛生的な意味で)大丈夫かな?とか思ったりもしとります。
なるたけ綺麗めな御御足にしたので、その辺は大目に見て貰えるとありがたいなあ。
このビジュアルはストーリー的に、ちょっと譲りたくないとこだったりも、するし。
 

それと。

先程DMが届いたので、今週辺りからバラバラと配り出そうと思っとります。

お見かけの際はどうぞよろしゅう。

| おしらせ | 20:12 | - | - | pookmark |
「北の文学」発売中。と、『2020カレンダー』の販売終了。

先日フラゲしていた掲載誌、「北の文学」ですが、

11月25日より発売中です。

 

お知らせの通り、挿絵を2点、描かせて頂きました。

本屋さんで目視で平積みを確認して来たので、堂々とご報告しときます。

通販もあるので、気になる方は買って下され。

岩手日報社さん
アマゾンさん

 

ちなみに、下描きは、こんな感じ。

言うまでも無く、アナログ。

 

それと、『2020カレンダー』の販売も、終了しています。

ご注文頂いた皆様、どうもどうもありがとうございました!

配送が、配送が…、間に合っていないのさ…!!

12月の中旬までには手元に届くので、どうかどうか、気長にお待ち下され。

 

それでは、どうぞよろしゅう。

続きを読む >>
| おしらせ | 19:36 | - | - | pookmark | 昨年の記事
フラゲと、ちょこっとお知らせ。

9月は、増税前で、駆け込み仕事が増えてるのだと思い、

その分、10月は手が空くんだろうから、気になってた新しい航路を攻めたい!と思っていたら、

10月は10月で仕事が増えてて、かといって年末進行の感じでも無いし、どうしてだろうと思って問うてみたら、

長年やってた個人の方が、この増税を機に引退して、宙に浮いた分がこっちに回って来てるらしい。

そういや、家の近所でも、長年やってた個人のごはん屋さんが2軒、畳んじゃったもんなあ。と思ったり。

そのまま年末年始の仕事に突入してて、それはそれでありがたい限りです。船代を稼がせて頂こうっと。

 

それはそれとして。

筆不精してる間に、じわっと溜まっていたお知らせを少し。

 

まずはこちら。

去年も混じらせて頂いた、「北の文学」ですが、今年も呼んで頂けたので、

挿絵を2点、載っけて頂いております。

人様の文章に絵を載せるのは、自分のモチーフ外が否応無しに出現するのもあって、とても楽しいので、気になった方はぜひご覧下され。

 

そして…、こちら、発売日は11月25日になっとります。

が、僕の元には既に22日にやって来ている…。

フラゲだけど、関係者枠だから良いんだろーか…。

若干心配がありますが、宣伝は早い方が良いかと思うのでお知らせしときます。

25日には、主に岩手の本屋さんに並んでる筈。どうぞよろしゅう。

 

それと、こちらも。

「岩手デザイナー協会55年展「岩手発!」」が12月14日(土)〜12月19日(木)に開催されます。

場所は、岩手教育会館1F。

僕も末席に混じらせて頂いては居るのですが、この展示は不参加です。

優秀な先輩諸氏のポスター作品がずらっと並ぶので、ぜひぜひ足をお運び下され。

 

それでは、どうぞよろしゅう。

続きを読む >>
| おしらせ | 22:33 | - | - | pookmark |
消費税改定に関わる変更と、『2020カレンダー』リリース。

大事なお知らせを、つらつらと上げときます。
消費税改定に関わる変更と、『2020カレンダー』の発売です。

まずは、消費税増税について。
10月1日より、
・お店さんに委託しているもの→お店さんそれぞれの対応にお任せ。(今まで通り。)
・個展等の直接販売→増税分を実質値上げ。
という形で対応させて頂いてます。
準備対応の為、9月23日からちょっと閉めてたminneのショップも、値段直して載せてます。


直接販売の事で言うと、
具体的には、消費税が始まる前から値段を変えてなかった、ポストカードを「150円→160円」に、
消費税5%時から据え置きだった、ミニ絵本を「2,100円→2,200円」に、
他は10%に対応。という感じになります。

流石に、ここんとこのインク代の値上がり、紙代の値上がり率が凄まじいので、据え置きは厳しいな。という判断です。
とはいえ、無闇にこの機に値上げしよう、という気は更々ありませんので、ご安心を。

それと、季節物のお知らせです。
先月辺りからちょこちょこお問い合わせ頂いてる、『2020カレンダー』です。
目処が付いたので、来年分も販売します!

 

「A4サイズ」と、

 

 

「ハガキサイズ」の2種類です。

 

絵柄はどちらも異なりつつ、カレンダーには初出なので、楽しんで頂ければいいなあ。
個人的には、ハガキサイズの絵柄の方が好きかな。

 

 

補足というか、裏話も含めて言うと、

カレンダーに限らず、自家印刷の紙モノに対しては、『高耐光インク(顔料)』というのを使ってます。
これは、紫外線で焼けにくいインクで、手っ取り早く言うと、色褪せしにくいインクです。
湿度・温度のいい環境で置いとけば、40年位は色褪せないそうな。
印刷屋さんのカレンダーなんかでお安いのだと、おおよそ染料インクで焼けやすいインクなので、1年保たない内に色が褪せてくるので、
僕はイラストの美しさ優先で、率先してこっちを使ってます。
ただ、このインクはその分、お高価い。
僕が作ってる紙モノの値段でムラがあるのは、大体はこのインクの違い(と、高い紙を使ってるかの違い)に依るものです。

ちなみに、カレンダーに関して言えば、印刷枚数やら手間のコストの割に、戻ってくる割が低いので、利率で考えればちょっと惜しい品物なのですが、
逆に、年に1回しか買わないモノなので、ちょっと位贅沢したい。という個人の欲が滲み出る代物でもあります。
予算内で仕上げるお仕事とかは、ご依頼で来るもので十分やってるので、
完全個人の時位は、採算以外の所での遊びを押し切ってもいいかな、と思ってやっとります。

なので、個人の拘りを推しまくります。


それから、紙の事。

今回、『2020カレンダー(A4サイズ)』の方の紙は、「ミューズコットン」というのを使ってます。
この紙は厚手でふかふかしてて、紙というより綿!の様な触感のいい紙です。
そして、縞々模様がおしゃれさん。

『2020カレンダー(ハガキサイズ)』の方は、2種類仕様です。
A4サイズとセット仕様の方は、「ミューズコットン」揃えです。
ハガキ用のだと、厚みがあり過ぎて、つきっきりで印刷しないとプリンタさんが機嫌を悪く、恐ろしく時間が掛かったので、セットのみ、揃えの仕様にしました。
単品のは、いつも使ってる厚手のハガキ用印刷用紙です。
単品のみの場合は、雰囲気より発色がハキハキしてた方が良いだろう。という判断でこっちに。

季節モノなので売り切ります。数量限定。

近々minneにも、ある分は載せときます。

いつも頼んで下さってる皆様は、毎年の感じでメール頂ければ取っとくので、連絡下され。

 

という訳で、どうぞよろしゅう。

| おしらせ | 20:22 | - | - | pookmark |
「ばん茶せん茶」コーナー、カットイラスト掲載中。

ご連絡が若干遅れましたが!


今年も、岩手日報さまの「ばん茶せん茶」コーナーのカットを描かせて頂いとります。
9月16日頃より掲載されてた筈、です。今月末まで掲載予定です。
新聞派の皆様、良かったらご覧下され。


という訳で、

下描き中の写真でも。

| おしらせ | 21:52 | - | - | pookmark |
「ケンタウル祭vol.4」・「ムサビズム展partII」、終了。

8月31日まで開催していた、白鳥の停車場さんでの「ケンタウル祭vol.4」、

 

そして、昨日まで参加していた「ムサビズム展partII」、

どちらも無事に終了しました!

ご覧頂きました皆様、お買い物下さった皆様、お世話になった会場のスタッフの皆様、どうもどうもありがとうございました!!

ありがたい事にご依頼重なってて、会期中に追加で色々お伝え出来ずでしたが、盛会だった様でとても嬉しいです。感謝です!!

 

それと、東京行ったり来たりに伴って取ってたお休み期間も、今日で終わりです。

これでしばらく、盛岡で腰を据えて制作しつつ、明日からガンガン納品出してこうと思います。

どうぞよろしゅう。

 

搬出時は、特に大きく予定を入れずに居たので、雑貨屋を中心に、古本屋やら、画材屋等をがっつり巡って来たり。

東京で友人に会うと、みんな「東京でしか行けなそうなお店」に連れってってくれてて、それはそれで嬉しいんだけど、

盛岡には、スープストックはおろか、ウィンディーズもサイゼリアも無いので、ここぞとばかりにのんびりご飯も。

 

 

世界堂と、敬愛する月光荘で画材も仕込んできたし、次の仕込みをするさ。

| おしらせ | 20:52 | - | - | pookmark | 昨年の記事
「ムサビズム展partII」、参加するよ。

気付けばもう来週です。

久々に、東京の展示に混じります。「ムサビズム展partII」です。
場所は、武蔵美の吉祥寺校。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

・ムサビズム展partII

場所 武蔵野美術大学 吉祥寺校1号館3F(〒180-0002 東京都武蔵野市吉祥寺東町3−3−7)
日時     2019年8月26日(月)〜9月1日(日)
   10:00〜18:00(会期中無休)  
*吉祥寺駅下車、徒歩約15分
 詳細はhttps://cc.musabi.ac.jp/access
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
母校、なんだけど、こっちの校舎は行った事無い。ので、初潜入です。夏休みでお休みの間に、やるんかな?と思うけども。
あ、入場無料だし、学生でなくても入れる所なので、気にせずにおいで下さい。

で。
出展するのは、すでに発表済みのあの絵本、「まてまてトランプ」です。

この、作品として出展するのは、印刷屋さんに頼んだ量産の方じゃ無くて、その前に手製本した1点モノの方です。

 

違いとしては、

************
・奥付が違う(発行年数等が入っていない)
・紙と印刷が違う(やや厚手の紙に、耐光顔料インク印刷)
・糸綴じ製本になってる
************

位なもので、サイズや内容等は同じです。

ちなみに。
手製本は手製本で、味があっていかにも「手作り」っぽくて良いのですが、やや丸みの感じが「本」という味わいには柔く思う気もしていて、
販売用の方は、色味がシャープで「製品」っぽいので、僕はこっちも気に入っています。

平置きで、立ち読み出来る様にしておくので、わざわざ岩手まで見に来るのが億劫だった。という首都近辺の皆様、
取り敢えず眺めてみたい、という皆々様は、足を運んで頂ければと思います。

 

それと、東京上京にあたり、久々にポートフォリオも制作。

過去作の一部は、前のMacさんでしか開けない事もあり、
先週はずっと、Macさん2台起動しっぱなしだった。この2人で、部屋の気温5度位上げてた気がする…。
加えて、こないだ撮って頂いた、ガチのサヨナ嬢の写真も載っけたので、(どうもありがとうございます!!)
かなりサヨナ嬢推しのページ構成になっとります。
絵本と一緒に置かせて頂く予定なので、こちらも興味あれば覗いて見て下され。

それでは、どうぞよろしゅう。

| おしらせ | 21:52 | - | - | pookmark | 昨年の記事